富士フイルムの中判カメラと迷い。

暮らし

ついに待ちに待った富士フイルムの中判カメラが発表された。

中判カメラにふれたのは、BRONICA S2が最初で、それ以外は触ったことがないけども、とても興味がある。
が、
どうしても価格が…
1万ドル以下、、、100万円以下、、、さすがに手が出ない域。

BRONICA S2を使っていて、いいなぁって思うのは、
– 奥行きの描写の良さ
– ウエストレベルファインダー
– 6*6という真四角
– ブローニーフィルムの12枚勝負という枚数制限

というところかな。
デジタル中判の写真を実際撮ったことがないのもあるけども、デジタルじゃなくていいんじゃないかとも思う。
画質!画質!っていう感じじゃないし、、、、

しかしながら、富士フイルムのデジカメには最近興味がある。

現在Nikon D750を使用しているが、FUJIFILM X-pro2に鞍替えしようかしらん…ってちょっと考えていたこともある。

実際フルサイズ機がいいのは、画角、シャッタースピード、とかかな…?
デジタル機の位置づけが変わってきた感じもある。
枚数撮りたい時、編集が必要な時、とか。

基本的にはLeica M2やCONTAX T2で好きな写真が撮れたりもするし。

フィルムシミュレーションも気になる。

デジタル機をサブ的な位置づけに?

ならGRもいいかもしれないけども…

好きなカメラ使えばいいんだよ。
ただ、フルサイズ機を手放す勇気と、Nikon党をやめる踏ん切り。

Fマウント、、、。

実際、ミラーレスなら、SONYのαもある。


そっちのほうが結構ピンとくる。
レンズがツァイスだし。

はてさてー

困った。

X-pro2とα7Ⅱを少しの間レンタルしたい………

関連記事

RANKING