「まちの魅力に出会うフリーペーパー展」行ってきた

暮らし

名古屋港、築地口で開催している港まちづくり協議会主催の、ONLY FREE PAPERが協力している「まちの魅力に出会うフリーペーパー展」にいってきました。

学生時代にちょっとフリーペーパー系の学生団体に所属というか代表というか創立というかなんというかをしていたこともあって、フリーペーパーは好きです。フリーペーパーにかかわらず本・雑誌も好きです。

多分昔は視野が狭かったこともあるんでしょうけど、最近はローカル系が多いなと思ったりしています。

各所地域の特性のコンテンツを出して、自分の街の良さを伝えよう、広げようとしていて、面白いです。愛知県小牧市出身ですが、小牧の良さを挙げろと言われても、そんなどんどん出てくるのかどうか不安です。

電通さんが小牧市のシティプロモーションをしていたようですが、どうなんだろう。何か変なキャラクターが出てきたわっていうのは聞いたけど。コマッキーはどこいったんだろ。

港まちづくり協議会さんは、同じく学生時代にNPOの大ナゴヤ大学にインターン・少し関わっていたこともあって、知ってはいました。ちょっとお話聞いたこともあるし…。

ただまあ、

誰もいませんでしたね…。

レイアウト、デザインは流石だなと思う組み方でした。おしゃれ。

ぶらり港まち新聞についても細かく描いてあったり、前述した各地域のフリーペーパーがONLY FREE PAPERの協力のもと、厳選されたものがおいてありました。

写真やイラスト、コンテンツに力をいれて、広告も広告にみえないようなデザインにしてあったり、WEBっぽいけど紙らしさを取り入れたものにしてあったり、紙にこだわっていたり、本当に様々なフリーペーパーがあり、楽しかったです。

学生時代に、フリーペーパー団体を創立した時も思っていたんですが、自由に持っていける、形に残る、埋もれないものとして紙によるフリーペーパーもいいと思います。が、逆に手にとってもらえないとはじまらない、形にするには広告や資金面がいる等があると思っていて、例えば名古屋の良さを伝えるのであれば、名古屋市ではなく、東海地方を飛び出して、大阪や東京にも届くような媒体で行うべきなのじゃないかなと思って、iPhoneアプリでリリースしました(いまはWEBメディアみたい)。多分一長一短なのだろうと思います。紙もWEBも。

付近をふらふらして帰りましたとさ。

まちの魅力に出会うフリーペーパー展 まちとツナガル僕らのツール

フリーペーパーというか、紙モノいいなぁ…。

最近は特に何も企画も活動もしていないから、そろそろ何かやりたいなぁと思っている。


35mm/F2ぐらいの FEマウントのMFレンズとかないかなぁ…Plannar+アダプターだとちょっとスッキリしないんだよなぁ…写りは好きなんだけど…いや、いいか…

関連記事

RANKING