暮らし

F/CE.(エフシーイー)630 SQUARE BPバックパック

F/CE.(エフシーイー/元フィクチュールというブランド)の630 SQUARE BP。バックパック?リュック?のレビューです。サコッシュ付きのバックパックになっていて、バックパック自体に取り付けが可能となっています。

F/CE.とは

F/CE.は、シンプル・ベーシックなデザインのものが多く、合わせやすいバッグが多いです。その中でも機能性や耐久性にもこだわっており、タウンユースの普段使いのものから、アウトドアまで使えるプロダクトを出しています。

「toe」の山根敏史さんの手がけるブランドとしても有名ですね。

もともとは2010年からフィクチュールというブランド名で展開していましたが、2016年からはF/CE.というブランド名に変更しました。(ブランド名にスラッシュが含まれているからか、検索避けみたいになってる。)

生産数なのか人気なのか、ZOZOでも他オンラインショップでも結構在庫切れが多く、ほしいなー在庫復活しないかなーというバッグも多々あります。値段はだいたい20,000円ぐらいからと手を出しやすい価格というわけでもないですが、スペックや長く使えるデザインなところを考えるとお買い得感もしてくる価格帯です。

8月にZOZOで購入し、お出かけ+通勤用として幅広く使用しているF/CE.(エフシーイー)「630 SQUARE」です。

630 SQUARE BP

630 SQUARE BPの全体感

630 SQUARE BPの全体感

サコッシュがついた状態です。上段の少し盛り上がった部分がサコッシュになります。こちらはつけたままでも使用ができ、普通にポケットしても使えます。
このバッグの素材は、630デニールコーデュラナイロンを使用していて、光沢感があり、軽量・撥水・なめらかな肌触りという特徴があります。またジップは止水ジップになっているので、ちょっとした雨などは大丈夫かと思います。(よほどは厳しいかな?)

内容量は17L。1泊2日の旅行はギリギリですかね…?パソコンとカメラを入れると厳しいかなと思います。マチの広がりもないので、形のままの内容量になっています。

サコッシュ部分

サコッシュ部分

 

サコッシュ取り外したところ

サコッシュ取り外したところ

ピンぼけしてる……?とりあえずサコッシュ部分を取り外したところになります。きちんとサコッシュの下にもファスナー付きポケットがあって、収納が減ることもなく、ごちゃごちゃ感が少し減るので取り外したままとかで使用するのも問題ないです。自分はいつも取り外しています。

630 SQUARE BPのサコッシュ単体

630 SQUARE BPのサコッシュ単体

サコッシュはこんな感じです。ちょっとぷっくり型のサコッシュですね。ポケットも2つ、中を開くともう一つポケットがあるので、意外に収納ができます。

そのまま四角デザインでしっかりとした素材なので、自立もします。中も収納が多く、一番いいところは、ファスナーがほぼほぼ下まであることころですね。これによって横から取り出しやすいので、レンズ交換やちょっと取り出したいものがあってもすぐ取り出すことが可能です。

と、やっぱりここまで書いて気づきましたが、リュックの中を撮影するの忘れました。中はAmazonやZOZOとかで御覧ください…

肩パッドはアウトドア系バックパックまではしっかりとしていないので、MacBook Pro+富士フイルムX-T2/16-55F2.8をいれたりすると結構不安な重量になります。
ノートパソコンやタブレットを収納するポケットにはもちろん、全面にパッドが入っており衝撃もある程度は防げるようになっています。

四角バッグとかだと、THE NORTH FACEのSHUTTLE DAYPACK 25Lあたりとデザインがかぶりますが、、、(容量はノースフェイスのほうが多いのね、、、値段もノースフェイスのほうが安い…?)

あんまりF/CE.は持っている人を見かけないブランドなので、人と被りたくない人や、機能性とデザインを重視する人におすすめのブランドです。

SHARE ×

Related

関連記事

LINE@やってます