• ガジェット

DALIブックシェルフ型スピーカーOBERON3を買いました

プリメインアンプをmarantz PM6006に変えてから使っているスピーカーのビビリが気になってくるようになり、そろそろ買い替え時かなと思って、ヨドバシカメラに試聴しがてら行ってきました。

TEAC「LS-H265」からの買い替え

就職して上京した際に購入したものなので、6,7年ぐらい使っていると思います。コスパがいいという評判のスピーカー。

音のビビリが気になってきたのと、以前アンプを購入した際にいろんなスピーカーで試聴したのが忘れられず、音域の物足りなさを感じるようになってしまったわけです。

高いものは高いので、だいたい5~10万円ぐらいを脳内予算で行ってきました。

試聴したもの

覚えている限りになります。

Wharfedale DIAMOND 210

値段の割にといったらあれだけど、いい感じだった。少し低音が強すぎるかなっていう印象。あとデザインがあんまり好みではなかった。

KEF Q350

なかなか良かった。迷った。中音がいいのかな。

DALI OBERON1

行く前にこれかな〜って目星を付けていたもの。このあとにOBERON3を聞いてしまったので、物足りなさを感じてしまった。低音が全然違う。

最後まで悩んだもの

安価モデルから(値段は教えられずに)聞いていったので、そりゃ最後の方が耳に残っているのは当たり前なんだけど、それでも全然違った。

Bowers & Wilkins(B&W) 606

優等生スピーカー。基本的にどんな音楽にも合うし、クリアな音。高音も低音もよく、きちんと音を聴くスピーカーという印象。

難癖つけるなら、デザインがきれいすぎるなって思うぐらい。

DALI OBERON3

OBERON1より一回り大きいモデル。こちらは上のB&Wと比べると、柔らかい音、包まれた音感。こもってるというわけではないのだけど、南国のビーチで聴くようなイメージ。逆にB&Wはコンサートとかそういうイメージ。

両方よかったんだけど

もはや両方欲しかったレベルで悩んだのだけど、DALI OBERON3にしました。

B&Wの方は、「きちんと音楽を聴く」というスピーカーであれば迷わずこちらにするのですが、自分の音楽を聴くシチュエーションが、「本を読んでいるとき」「仕事中に」という「ながら聴き」なので、聴き疲れしそうだなと思ったわけです。

逆にDALIの方はBGM聴きにちょうどいい、柔らかい音です。ツイーターの黒い玉はトラックボールマウスの玉に似ているなぁって思ってます。

スピーカー位置にしても、ツイーターを耳の位置にとか、インシュレーターなどなどをしっかり設置できる環境でないので、音をしっかり作れるわけではないので、しっかりしたレビューはできないですが、ビビリもなくなり、以前よりも中音〜低音がしっかり出るようになってくれました。

プリメインアンプのmarantz PM6006を買いました

Comment

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。