• キャンプ

NANGA AURORA 750をイスカのウルトラライトコンプレッションバッグでコンパクトにしたい

寝袋を買うときに「どうせオートキャンプメインだからAURORA lightじゃなくてもいいか〜〜」っていう思考に陥って16,000円ぐらいをケチった自分へ。オートキャンプでも「軽いは正義」だぞ。

AURORA 750 → AURORA light 750 DX

そう差額としては¥16,000ぐらい。買い直すってなると+¥60,500。いや〜〜〜〜〜さすがに〜〜〜〜ってなったけど、バックパックの半分(か1/3)を占める寝袋をコンパクトにしたい。もはやコンパクトにするならAURORA light 600 DXにする。いつか買うね…。

で、なんとかお安くコンパクトにする方法はないのかということで買ってみました。コンプレッションバッグ。

コンプレッションバッグ

ふとん圧縮袋みたいなやつです。中の空気とか服をもっと圧縮したらコンパクトになるやん!詰め込むやでー!って袋。コンパクトにはなるけど、もちろんコンプレッションバッグ分の重量が入ってくるので(140g〜200gぐらい)、コンパクトにはなるけど軽量化になるわけではない。

イスカ ウルトラライトコンプレッションバッグ M

MサイズにNANGA AURORA 750や600が入るみたいだったので、Mサイズを購入しました。

コンプレッションしていく〜

入れるまえ

メジャーで図りつつのいい感じの写真の撮り方が最後までわからなかった。

NANGA公式サイトによると収納サイズは22×32cmぐらいです。まあでこぼこしてるんであれですが、だいたい35cmぐらいでした。

コンプレッションバッグ M

色、選べたらよかったな〜と思わなくもないですが(グレーがよかった)

青い袋があるので、ここに詰め込んで行きます。

寝袋の袋に入れるときのように尻尾のほうからぎゅうぎゅうしていきます。

みっしみしにはいって、軽く上下蓋をした感じです。この状態だと大きいです。ダウンだと尻尾から詰め込んでいけば袋に入らないよう〜〜ってならないので楽ですね。

縮める

別に力もいらず、ベルトを引っ張るだけなんですがバランスが難しいです。圧縮前の半分ぐらいになりました。袋と比較すると2/3ぐらいに減りましたね。

え、こんなに軽い力でちっこくなってくん〜〜〜すごーー!って感動しました。

もうちょっと力をかければもう少し小さくなりそうですが、だいたい30cmぐらい。長さとしては5cmぐらい減りました。多分横幅も減ってますね。

夏は高原キャンプ、秋冬は寒いので、AURORA 750はオールシーズン使ってるんですけど、5cm減るだけでもバックパックの中が空くので嬉しいですね。しかも¥4,000前後で!

感動したんですよ。たしかに。

でも、あれ?1,490gのAURORA 750が、1,280gのAURORA light 750になったり、1,050gのAURORA light 600になったりしたらどんなけコンパクトになるんだろうって思っちゃったわけです。今年はXVのスタッドレス買わなきゃいけないので、我慢するです…。

***

コンパクトになりすぎて中のダウンが悪くなりそうだから、キャンプにでかける直前に詰め込んで、帰ってきたらすぐ開放してあげたほうが良さそう。

Comment

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。