写真・カメラ

α7iiとFlektogon2.8/35で池袋から目白歩いて撮った

カメラ
α7Ⅱ

α7ⅡにCarl Zeiss Jenaのレンズ、Flektogon 35mm/F2.8をつけて東京お散歩です。このFlektogon、35mmと使いやすい画角で、お求めやすい価格であり、なんとマクロレンズでもないのに17,18cm近く寄れるのでテーブルフォトからスナップまで幅広く使えるレンズでございます。

たまにはこんなオールドレンズをつけてお散歩するのもいいのです。

池袋ふらっと

皇琲亭という炭焼珈琲のお店。喫茶店。店内もおしゃれだし、珈琲も美味しかった。居心地いい感じ。

こんな感じにね。何が撮りたかったのか伝わりづらいテーブルフォトとかね。

カウンター席もいいね。カップが並んでいるのすごい素敵なんだけど、地震とか来たらどうするんやろ…って考えてしまうのは良くない。

珈琲美味しかった。東京来ると、どうしても就活時代の悔しさから椿屋珈琲に行きがちだけど、こういうお店いろいろあるもんね、東京。巡りたいな〜〜

少し移動します。

池袋〜目白ぐらい

そういえばあんまり池袋って歩いたことがないなぁとか思いながら。地下道とか通ったり。

自由学園明日館?の前を通ったり、

住宅街の中をふらふらして、

ポポタムという本屋さんに来ました。中はZINEやらマイナー本やらが多くて、都内住みだったらいろいろ買ってしまうだろうな〜って思いながら見てました。いいところ。

そこから目白に抜けて、

舞浜まで向かって、宿泊です。

まとめ

35mmって使いやすいですねー。風景撮るのにもいいし、そこらへんを撮るのにもちょうど良くて。オールドレンズではあるのでフォーカスリング重ためですこし合わせにくさはありますが、色乗りもよくていいレンズです。

そういえばこの日、初コンタクトレンズ装着でのMFピント合わせデビューデイだったんですけど、コンタクトレンズってあれだね、よく見えるね…。ピント合わせ楽だね…。

そんな感じで〜

 

▶ 学芸大学のグラフィックデザイン本専門店「BOOK AND SONS」
▶ 【ACROS作例】LeicaM3と東京観光(自由が丘・学芸大学・外苑前)
▶ 1泊2日京都旅は喫茶店巡りと食べ歩き

■ 関連しているかもしれない記事

SHARE ×

Related

関連記事

365日の残し方