ラスベガス(グランドキャニオン・アンテロープキャニオン)を観光してきた

写真・カメラ

ラスベガスといえばカジノとかカジノとか夜の街というか金だぜうほーい!みたいなイメージがありますが、カジノが全盛期だったのは90年代とかその辺らしく、現在は全体の収益の3割ほどらしいです。

というわけで、ラスベガス付近には有名な観光地がいくつかあります。そしてその中で行ったところが、

  • グランドキャニオン
  • アンテロープキャニオン

上の2つにいってきました。グランドキャニオンは会社のツアーで行き、アンテロープキャニオンは数人の仲間でツアーを個人で申し込んで行ってきました。
「付近」というのは、比較的近くにはあるよ。行けなくはない距離だよ。という意味です。

グランドキャニオン

何人か落ちているとはよく聞きます。行く前はすごーくひろーいところで、地平線の限り続く岩山を想像していました。
ラスベガスからバスで2時間ほど走ったあと、セスナの様な命の危険を何度か感じた飛行物体に1時間乗り、そこから展望できるとこまで30分ぐらい。遠いよ!!

グランドキャニオン

でも、、、正直なんか想像よりも、、、って感じでした。観光に行った場所がたまたまそうだったのか、、、、なんかもうちょっと岩山に登って、うぇーい!!いえーい!!っていうのを想像していたんですが、なんか普通に展望台から眺める岩山を眺めているだけ、、、、のような、、、、いや、壮大な素敵な場所だったんですが、、、

アンテロープキャニオン

こちらは、グランドキャニオンを上回る感動でした。感動というか楽しさというか、アメリカらしさ、ここ地球?あれ?火星についた?みたいなスケールの違いを感じるツアーでした。

ツアーは、Instagramでアンテロープキャニオンを見ていたときにたまたま見つけた、New Seekerz LLCという会社のツアーを申し込みました。18時頃から会社の会食?飲み会があったので、JTBやHISのツアーだと18時や19時戻りのツアーしかなかったので、ちょうどいいツアーがNew Seekerz LLCにありましたので申し込みました。

夜中の1時半に出発→途中休憩を挟んで、ダム→アンテロープキャニオン(ロウアー)→ホースシュー→15時ぐらいに戻ってくる

いわゆる弾丸ツアーです。
宿泊していたベラージオホテルまで向かいに来てもらい、、、、5時間近く車で走っていただき(東京-京都間ぐらいらしい)、アンテロープキャニオン付近に到着しました。

アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン

アンテロープキャニオン

感想

人生で一度は行っておきたいところにいけたので、いい経験でした。アンテロープキャニオンは、ラスベガスから結構距離あるので、ギリギリまで悩んでいましたが、行って正解でした。本当に自然の壮大さというか、スケールの違い、きれいっていう単語だけじゃ表せないような場所だったので、ラスベガスに行った際はぜひアンテロープキャニオンをおすすめします。

なんか、特色ごとに写真を上げていこうと思います。次はなんだろう、、、ラスベガスっぽいところかな…いろいろ行ったショップとかも、、、、

関連記事

RANKING