写真・カメラ

チェキ「instax SQUARE SQ20」で撮る結婚式。

先日京都で義兄の結婚式があり、そこで先日買った「instax SQUARE SQ20」で撮影し、プリントしましたので作例がてらご紹介です。さも自分の手柄のように紹介しますが、撮ったのは妻です。思っていたよりも本当にいい写真が撮れていました。

チェキの良さ

SQ20の良さになりますが、プリントする写真を選べるというところですかね。式の最中はずっと撮りだめしておき、帰ってきてからフィルターや明るさなどを調整して選んでプリント。普通のチェキだと撮ってすぐプリントされるのでその分フィルムストックを準備しておかないといけないか、プリントしている最中に他のいいシーンが来るか、シャッターを切るのを躊躇した結果いいシーンを逃す…などなど考えられますが、これはそれがありません。

それに例えば結婚式ですと、新郎新婦に加え、両家両親、親戚などなどにも、同じ写真を何度もプリントすることができるので、ありがたく便利な機能だと思います。

というわけで3枚を紹介

instax SQUARE SQ20作例01

1枚はモノクロで。どれもいいシーン。本体の画面でみる色味と、印刷されてくる色味では少し異なるので、経験と参考程度に考えておくことが大事かもしれません。いいなぁ…これ…いいなぁ…。自分はX-T2で撮影してましたが、、、なんか、、、こっちのほうが……。

instax SQUARE SQ20作例02

SQなので、スクエア、正方形写真になります。正方形かわいい!!ほらこれこのプリントされたものをさらに写真撮って、インスタにあげたらもうそれはとんでもなくインスタ映え!いい写真だよう…

instax SQUARE SQ20作例03

友人と談笑中。結婚式というシチュエーションは本当にみんな笑顔で、幸せな気持ちになります。幸せな瞬間を残せるのはほんと素敵なことです。デジカメで撮ったりはするけどプリントしたり、フォトブックにしたりまではあまりしないかも知れません。でもやっぱり形に残すのって大切だし、いつまでもデータがあるとは限らないし、こうやって形にして「やっぱりいい式だったなぁ〜」って思い、渡すときにまた「いい式でした〜」って渡せれたら最高ですね。

ちなみにアルバムは

こちらを使いました。10枚しか入らないのだけど、台紙が1枚1枚しっかりしていて、そして正方形で色も可愛くておすすめです。

 

 

SHARE ×

Related

関連記事

LINE@やってます